UEFA、ウクライナに“資格停止”警告

[ 2011年1月30日 06:00 ]

 UEFAは28日、ウクライナ政府が同国サッカー協会のスルキス会長を追放しようとするなどの政治介入をやめなければ、同国協会を資格停止にすると警告した。

 2月4日までに改善されなければ処分が科され、ウクライナはポーランドと共催予定の12年欧州選手権の開催ができなくなる場合もある。UEFAのインファンティーノ事務局長は「この問題は全ての人が満足する形で解決できると信じている」と語った。資格停止処分となれば、シャフタル・ドネツクも欧州CL決勝トーナメントに出場できなくなる。ウクライナ政府にはFIFAも警告を与えている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース