ウズベキスタン敗戦も…初のベスト4“納得”

[ 2011年1月30日 06:00 ]

アジア杯3位決定戦 ウズベキスタン2-3韓国

(1月28日 カタール・ドーハ)
 ウズベキスタンは0―3からFWゲインリッヒが前半終了間際にPK、後半8分にも左から持ち込んでゴールを決め1点差まで追い上げる粘りを見せた。

 次回大会の予選免除こそ逃したが、初のベスト4にアブラモフ監督は「よくやってくれた」と納得の表情。今後の自身の去就については「分からない」としたが、「ウズベキスタンには若い選手が多い。私の夢はウズベキスタンがW杯に行くこと」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース