岡崎 シュツットガルト入団「貢献したい」

[ 2011年1月30日 22:48 ]

サッカードイツ1部リーグのシュツットガルト入りが決まり、記者会見でユニホームを手にする岡崎慎司(右)

 サッカーのドイツ1部リーグ、シュツットガルトは30日、アジア・カップで日本の優勝に貢献したJリーグ1部(J1)清水のFW岡崎慎司(24)の入団を発表した。チームの本拠地スタジアムで記者会見した岡崎は、冒頭をドイツ語であいさつし「受け入れてもらえてうれしい。自分の強みは運動量と得点力。チームが強くなるよう貢献したい」と語った。背番号は「31」。

 昨年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場した岡崎は、アジア・カップで3得点と活躍。昨季のJ1では31試合で13得点した。

 シュツットガルトは5度のリーグ優勝を誇るが、今季は下位に低迷し、2部降格の危機にある。

 岡崎は31日にいったんドイツを離れて日本に戻る。2月上旬に再びドイツ入りし、デビューは早くて12日のニュルンベルク戦になる予定。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース