「守るのは自分しかいない」川島を支えたザック監督の言動

[ 2011年1月30日 07:06 ]

<オーストラリア・日本>優勝杯を手に笑顔のGK川島永嗣

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 「守るのは自分しかいない」。再三ファインセーブをみせた川島。鬼の形相の守護神を支えたのが、信頼を寄せてくれたイタリア人指揮官の存在だった。

 「落ち着いてやれば問題ない」。ザッケローニ監督からそう声をかけられたGKは「言葉だけじゃなく、振る舞いまでも信頼を感じる。GKは特別なポジションだと思うし、信頼に応えたい」とモチベーションを上げた。

 準決勝の韓国戦ではPK戦でスーパーセーブを連発。ザッケローニ監督からは「ミスのないGKはいない。でも川島はミスの少ないGKだ」と決戦に送り出されていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース