長谷部 チーム支えた安定感…ピンチも冷静に対応

[ 2011年1月30日 06:00 ]

前半、激しく競り合う長谷部(右)

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 MF長谷部誠が安定した守備でチームを支えた。

 前半、オーストラリアに再三ゴール前にロングパスを入れられリズムがつかめない中、中盤でピンチの芽をつぶした。攻撃参加した内田のカバリングにも回るなど冷静な対応が光った。後半開始直後にはFWキューウェルのシュートを体を張って防ぎ、同44分にもDFカーニーの強烈なシュートを足で止めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース