次はドイツへ 岡崎「ずれていたのがずっとずれたままだった」

[ 2011年1月30日 15:08 ]

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 岡崎はチームのアジア制覇を喜ぶ一方で、後半21分に決定機を外したのが悔しそうだった。長友の左クロスを得意のダイビングヘッドで合わせたが、惜しくもゴール右へそれた。3得点した1次リーグのサウジアラビア戦以外は、ノーゴール。「(感覚が)ずれていたのが、ずっとずれたままだった」と残念がった。
 大会後はドイツ1部リーグのシュツットガルト移籍へ向け、欧州に渡る。「課題もいっぱいある。またドイツで強くなるだけ。無理せずにやっていきたい」と新天地でのプレーに思いをはせた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース