ザックマジック!死闘制し2大会ぶりアジア頂点!

[ 2011年1月30日 06:00 ]

延長後半、決勝ゴールを決めた李忠成と喜び合うイレブン

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 ザックジャパンが死闘の末にアジアを制した。日本は29日の決勝でオーストラリアを1―0で破り、2大会ぶりで単独最多となる4度目の優勝を飾った。準決勝韓国戦に続いて2試合連続の延長戦となったが、延長後半4分に李忠成(25)が鮮やかな左足ボレーで決勝ゴールを決めた。アルベルト・ザッケローニ監督(57)は就任後、初の公式大会でタイトルを獲得。日本は13年にブラジルで開催されるコンフェデ杯出場権を獲得した。

 またまた“ザックマジック”だ。延長後半4分だった。途中出場のFW李がゴール前で、DF長友の左クロスを待ち受け、左足を強振した。鮮やかなダイレクトボレーが過去5試合でわずか1失点のオーストラリアゴールに突き刺さった。弓を引くパフォーマンスで喜びを爆発させた。またたく間に青い歓喜の輪が広がった。

 まさに死闘だった。運命の決勝は90分で決着がつかず、準決勝に続き、延長戦に突入した。ザッケローニ監督は「ここまでのプロセスは誇りに思う。まず真っ先に浮かぶのが、団結力だ」。延長突入前、控えメンバー、スタッフ全員で円陣を組んだ。指揮官の言葉を如実に表すシーンだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース