内田 気迫前面に積極的な攻撃参加で存在感

[ 2011年1月30日 06:00 ]

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 DF内田篤人が積極的な攻撃参加で存在感を見せた。 

 前半26分、右サイドを駆け上がり本田圭にクロス。本田圭の頭は届かなかったが、見せ場はつくった。何度も両手を上げサイドチェンジのパスを要求するなど気持ちを前面に押し出したが、その半面、タッチミスなどで相手にボールを奪われるミスもあった。延長前半9分にはゴール前まで詰め、途中出場の李からパスを受けたがシュートはできなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース