レバークーゼン快勝!ドルトムントと暫定8差

[ 2011年1月30日 06:00 ]

 ドイツ・ブンデスリーガ第20節の1試合が28日に行われ、前節2位レバークーゼンが3位ハノーバーを2―0で制し、首位ドルトムントとの勝ち点差を暫定ながら8とした。

 前半21分にMFビダルが先制点。同42分にMFロルフェスが加点した。前節に負傷離脱から復帰したMFバラックは昨年9月11日以来の先発でフル出場。チーム最多のボールタッチ94回で順調な回復をうかがわせ、勝利に貢献した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース