東京V、御殿場&高知で代替キャンプ実施

[ 2011年1月30日 06:00 ]

 新燃岳噴火の影響で宮崎キャンプを中止したJ2東京Vは29日、代替キャンプを30日から2月2日まで静岡県御殿場市で、2月4日から10日まで高知県春野町で行うことを決めた。

 前日は羽田空港で足止めを食らった末に中止が決定。荷物を載せたトラックは現地入りしていたため、残ったスタッフは徹夜で倉庫から古い練習着とボールをかき集めた。この日はバラバラの練習着姿ながら、東京都稲城市のグラウンドでの練習は無事に実施できた。川勝監督は昨年末に左アキレス腱を断裂するなど災難続きだが「最初にいっぱい良くないことが出て良かったんじゃない?」と前向きだった。

 ≪新加入マラニョンが合流≫甲府から期限付き移籍で加入したブラジル人FWマラニョンが練習に合流した。初日から切れのいい動きを見せた期待の助っ人は背番号もかつてカズ(現J2横浜FC)がつけていた栄光の11番に決まり「カズさんは日本でもブラジルでも有名だから凄くうれしい」とはにかみスマイル。「20点から25点、できたら30点取りたい」と大きな個人目標も掲げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース