オジェック監督 唯一のミス悔やむ「選手は沈んでいる」

[ 2011年1月30日 08:01 ]

<オーストラリア・日本>優勝トロフィーを前に複雑な表情のオーストラリア・オジェック監督

アジア杯決勝 オーストラリア0-1日本

(1月29日 カタール・ドーハ)
 再三好機がありながら、得点に至らなかったオーストラリア。前評判も高く、ここ10年、日本に負けていないことからも“普通にやれば”という思いが選手には強かった。

 しかし、予想外の延長戦。高さを生かした攻撃は結果的に最後まで不発だった。オジェック監督は「好機はあったが、決定力を欠いた。選手は沈んでいる」とガックリ。「失点の場面は、この試合で唯一ともいえる位置取りのミスだった」と最後の最後にほころびが出たことを悔やんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2011年1月30日のニュース