続く噴火余波…FC東京もキャンプ地変更か

[ 2011年1月30日 06:00 ]

 J2FC東京は来月7日から宮崎県都城市で合宿予定だが、新燃岳噴火の影響でキャンプ地を変更する可能性が出てきた。

 30日にも現地にスタッフを派遣し、実施可否を探る一方で「代替地として熊本、鹿児島でも探している」と話した。この日は新外国人のMFホベルトが合流し、今野、権田の日本代表勢を除く全選手がそろい選手、スタッフ全員で決起集会も実施。大熊監督は「全員がそろうといい意味の緊張感も生まれるね」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース