ザック監督 一夜明けても興奮「眠れなかった」

[ 2011年1月30日 18:03 ]

優勝から一夜明け、トロフィーの隣で記者の質問に答える日本代表のザッケローニ監督

 サッカーのアジア・カップで4度目の優勝を果たした日本代表のザッケローニ監督は決勝から一夜明けた30日、ドーハ市内のホテルで取材に応じ「試合を振り返って、眠れなかった」と興奮冷めやらぬ様子だった。さらに「日本代表の監督になれたこと、今回の選手たちの監督になれたことを誇りに思う」と感慨に浸った。

 オーストラリアとの決勝は延長の末に、途中出場のFW李(広島)の決勝ゴールで競り勝った。ザッケローニ監督は「李は常に準備をして狙っている感じだった。やってくれると思っていた」と交代で起用したFWの活躍に満足そう。「ベンチスタートの選手がここまで結果を残す大会はそうはない」とチーム力で勝ち取った優勝を喜んだ。

 ザッケローニ監督らは30日夜(日本時間31日未明)に帰国の途に就く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース