藤本 初先発も見せ場なく…悔しい途中交代

[ 2011年1月30日 06:00 ]

前半、攻め上がる藤本

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 背番号10の穴は埋められなかった。

 MF藤本淳吾は右足骨折で離脱した香川に代わって右MFで今大会初先発。「準備はしてきた。緊張するタイプでもない。思い切り楽しめれば」と平常心で決戦に臨む心構えを語っていたが、前半7分に内田とのワンツー突破を失敗。後半5分の飛び出しもオフサイド。持ち味の攻撃で見せ場をつくれないまま、後半11分に交代した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース