本田圭 MVPも「プレーはまだまだ 上を目指していくには…」

[ 2011年1月30日 07:18 ]

<オーストラリア・日本>スタンドの歓声に応えるMF本田圭佑

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 本田圭佑(CSKAモスクワ)が大会最優秀選手に選ばれた。

 「俺の中では戦いが始まっている。何回も言うけど、惜しいで終わるのか、優勝して喜ぶのか。天と地ほどの差がある。自分の良さをもっと出して優勝に貢献したい」。試合前からその目は頂点だけに向いていた。

 自身のタイトルはオランダ2部リーグ時代、VVVフェンロでのリーグ優勝とMVPのみ。「しょせんは2部ですから」。とにかくタイトルが欲しい。その強い思いがはアジアの頂点、そして大会MVPという栄冠をもたらした。

 それでも本田圭は満足していない。「優勝するのはやっぱり気持ちがいい。MVPは僕というより、チーム全体のもの。チームとして成長できた。充実した3週間だった。でも、プレーはまだまだ。本田圭佑という選手が上を目指していくにはそこだと思う」と表情を引き締めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース