長友 光った積極的な上がりで“劇勝”演出

[ 2011年1月30日 06:00 ]

前半、激しく競り合う長友(左)

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 DF長友佑都が相変わらずの豊富な運動量でゴール前に顔を出した。

 前半9分、相手GKが体勢を崩してクリアミスした場面では、ライン際でボールを拾って、そのまま無人のゴールを狙った。W杯南アフリカ大会アジア最終予選と比べ「違った崩しができる自信はある」と臨んだ決勝。後半11分には2列目の左サイドに上がり、攻撃的に動いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース