李忠成「ヒーローになる、ヒーローになると言い聞かせていた」

[ 2011年1月30日 06:39 ]

<オーストラリア・日本>延長後半4分、決勝ゴールを決めたFW李忠成は歓喜のポーズ

アジア杯決勝 日本1-0オーストラリア

(1月29日 カタール・ドーハ)
 日本代表に栄冠をもたらしたのは、延長前半9分から出場したFW李忠成。延長後半4分、長友の左クロスを美しい左足ボレーでゴールネットを揺らした。

 「最高です。ずっと試合に出られなかった。待ち続けた結果、点を取れた。ヒーローになる、ヒーローになると言い聞かせていた。このピッチに立てて幸せ」と興奮冷めやらぬ表情で決勝弾を喜びを口にした。

 日本国籍取得前には韓国代表入りも勧められたが、生まれ育った日本代表入りを選択。初の大舞台で大仕事をやってのけた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月30日のニュース