デビュー45周年のサザンオールスターズ 新曲を3カ月連続配信 第1弾は7月17日発売の「盆ギリ恋歌」

[ 2023年6月25日 00:00 ]

デビュー45周年を迎えたサザンオールスターズ。前列左から、関口和之、原由子、桑田佳祐。後列左から、野沢秀行、松田弘
Photo By 提供写真

 25日にデビュー45周年を迎える「サザンオールスターズ」が、3カ月連続で新曲を配信する。

 ボーカル桑田佳祐(67)が24日午後11時から放送された自身のラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM)で発表。「おかげさまでデビュー45周年を迎えることができました。2023年、サザンオールスターズ参ります!」と切り出し、10年ぶりに自身の故郷・神奈川県茅ケ崎市で「茅ケ崎ライブ」を開催することと新曲の3カ月連続配信を発表した。

 第1弾は7月17日配信がスタートする「盆ギリ恋歌」。ファンキーなロックナンバーで、意味があるようでないような、桑田らしい奇想天外な歌詞が並ぶ。曲をつくるにあたってイメージした言葉は、【神社・仏閣・烏帽子岩】、【江ノ島・歌舞伎町・パッポン通り】、【風俗・民族・ヒト科妄想属】、【愛倫・欲望・魑魅魍魎】だったといい、サザンが得意とするエキゾチックな曲に仕上がった。24日のラジオ内で、同じく新曲の「歌えニッポンの空」(リリース未定)とともに初オンエアされた。1980年に3カ月連続でシングルを発売したことがあり、43年ぶりの3カ月リリース。ファンにはたまらない夏となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年6月24日のニュース