映画「タイタニック」放送 「潜水艇探査機のシーンが含まれています」とテロップで注意喚起

[ 2023年6月24日 21:00 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 フジテレビは24日、映画「タイタニック」(後9・00)を放送、カナダ東部沖で発生した見学ツアー潜水艇死亡事故を受けて、テロップで注意喚起した。

 同作は、1912年に発生した豪華客船タイタニック号の大西洋での沈没事故をもとにして制作された、映画史に残る不朽の名作。同局では24日に前編、7月1日に後編と2週連続で放送するとしている。

 冒頭で映画の説明を終えると、「本日の土曜プレミアム『タイタニック』前編では潜水艇探査機のシーンが含まれています。ご懸念のある方は、視聴をお控えください」とテロップを出した。

 23日には公式サイトで「タイタニック号見学ツアー中の潜水艇で乗客乗員が死亡する事故が発生しました。犠牲となられた方々に心より哀悼の意を表します」と記載した。

 タイタニック号をめぐっては、沈没した客船の残骸を海底まで見に行く見学する潜水艇が消息を絶つ事故が発生。潜水艇は18日朝にカナダ東部沖で潜水した後、洋上の母船と連絡が取れなくなっていた。潜水艇の破片が海底で見つかり、ツアー運営会社は22日、乗っていた5人全員が「死亡した」との声明を発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年6月24日のニュース