東方神起が東京Dに帰ってきた!「3年間離れ離れだった時間も応援してくれて感謝」24日からファイナル

[ 2023年6月24日 04:00 ]

東方神起のチャンミン(左)とユンホ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 大人気の韓国男性デュオ「東方神起」が、きょう24日から2日間、全国ツアーファイナルとして東京ドームでコンサートを行う。2020年1月以来、約3年ぶりとなった日本での全国ツアー。新型コロナ禍を乗り越え、各地でファンの歓声に迎えられたユンホ(37)とチャンミン(35)。クライマックスを前に取材に応じ、意気込みを語った。

 ――3年ぶりの日本での全国ツアーです。

 ユンホ「凄くうれしい。コロナ禍で皆さんに会えなかったけど、今は実際に会って、歌って…これがライブだと。当たり前じゃない日常が戻ってきた」

 チャンミン「アーティストとして立つ居場所を失った3年。居場所が戻ってきている安心感を感じている。ファンの皆さんとも再会できて幸せ」

 ――ドームでツアーを締めくくる。17、18日には大阪・京セラドーム公演を行った。

 ユンホ「ドームはやっぱりデカイ(笑い)。その分広いから、何万人が一つになって一緒に叫んだりして、いいライブをつくれた。幸せ。なので今回も気合が入ってます!」

 チャンミン「3年間離れ離れだった時間も、僕たちを応援してくれた皆さんに感謝。久しぶりに皆さんの笑顔や歌声が聴けて、たまらないほどうれしいし、感動した。皆さんを楽しませたいです」

 ――ユンホさんは今月上旬頃に足首をケガした。

 ユンホ「リハビリを頑張って良くなってるが、思ったより大ケガ。完治はまだだけど、熱い声援が力になってる。チャンミンが何倍も頑張ってくれて、頼りになりました」

 チャンミン「ファンの方にも“普段より頑張ってる”って言われたけど、今まで足りなかったのかな(笑い)。でも、無意識にフォローしようとしてたかも。2人ができるエネルギーの量を100とすると、それぞれの調子に合わせて補い合える信頼感があります」

 ――流ちょうな日本語も維持できている。

 ユンホ「僕は昔の方が良かった(笑い)。でもアニメが大好きなので、この単語使ってみよう!とか無理やりやってます。“何だってばよ!”とか、四字熟語…それが良い勉強になってるかも」

 ――今年デビュー20周年。変化したことは。

 チャンミン「2人でずっと歩んできた道。裏切る人ではないと信頼しているし、これからも歩んでいけると思ってる」

 ユンホ「お互いがペースメーカー。これまで2人で口ゲンカもあったけど、全部乗り越えて20周年。最近はチャンミンに勧められて、2人でゴルフをやる。僕は初心者だから、今はチャンミンの方がうまいです。でも、そういう変化があるから、東方神起はもっと良くなると思う」

 ――ソロ活動について。

 チャンミン「それぞれの世界を少しずつ広げる方法。機会があれば、もっとやりたい」

 ユンホ「僕の色、チャンミンの色がある。いつかその経験を合わせて、新しい東方神起が生まれると思う」

 ――今後の目標は。

 チャンミン「ちょっと恥ずかしいけど、もう一度、日産スタジアム(13、18年開催)でライブがしたい。人生の中で一生忘れられない風景だった」

 ユンホ「夢みたいだったね。18年の時は3日間やって、最後は雨。逆にすてきな演出になった。これからも20、30周年と、長く続けることが一番格好いいと思う」

 ――ライブに来るファンの皆さんにメッセージを。

 チャンミン「6月なのに気温30度を超えたり、暑さが半端ない。夏の暑さをぶっ飛ばせるような、とにかく夏!夏!夏らしい楽しいフェスティバルみたいな、スッキリさせるライブにしたい!」

 ◇ユンホ 1986年2月6日生まれ、韓国出身の37歳。1メートル84、66キロ。血液型A。

 ◇チャンミン 1988年2月18日生まれ、韓国出身の35歳。1メートル86、61キロ。血液型B。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年6月24日のニュース