妻・雛形あきこをGPSで10年間“24時間監視” 天野浩成の驚きの理由にスタジオ騒然「僕には…」

[ 2023年6月24日 20:03 ]

そろってイベントに出席した雛形あきこ(左)と天野浩成夫妻(2021年撮影)
Photo By スポニチ

 女優の雛形あきこ(45)と夫で俳優の天野浩成(45)が、24日放送のMBSテレビ「痛快!明石家電視台」(土曜後3・00)に出演。夫の深すぎる愛に、スタジオが騒然となる一幕があった。

 結婚10年目。2020年2月に同番組に出演した際には、妻への“異常過ぎる愛”にスタジオも揺れたが、今回は「夫が初激白!正直、ママの方が変人」と題するテーマを持ち込み、「どちらが変なのかジャッジしてほしい」と天野はぶっちゃけた。

 だが、話題はいつしか、夫の深すぎる愛に急転。雛形が「スマホのGPSで妻の行動を10年間24時間監視」と天野の“正体”を明かすと、スタジオから「怖い!」と声が漏れた。すると天野は、雛形がドラマ撮影など仕事の終わる時間、場所が「まちまちだから」と理由を説明。一方の雛形は「仕事終わった」「仕事押している」など逐一、連絡は取っているといい、MCの明石家さんまも「雛形は何にもおかしくない」と断言した。

 「でも~」と天野が反論した理由が「僕にはお風呂を沸かすタイミングがあるんです」という正直なもので、さんまも爆笑。妻が帰ってきたタイミングで、ちょうどいい湯加減にするために最善を尽くしていると知り、さんまも「天野すまん!誤解していた」と謝った。

 「一番風呂です」と、妻を最優先に考えている天野は「だから僕がGPSでずっと見て、この通りに入ったな、“今だ”って(ボタンを押す)」と再現。さらに、雛形が仕事で地方に行く際にもGPSを活用しているといい「自分がどこに泊まるとか、あまり分かっていないんです。だからコンビニとか、薬局とか、食事できるところとか、情報をまとめてママに送るんです」と説明すると、共演者も感嘆した。

 雛形は「10年前から徐々にそうなったので、当たり前になっていて」と平然。さんまが「昔も今も大好きなのか」と聞くと、天野は「はい」と答えて「う~わ。こんなに愛されたことない」とさんまも仰天していた。

 時には、帰宅ルートで道路工事などの渋滞が発生している、などの細かい情報や迂回ルートまで指示するといい、アキナ・秋山らが「徹底している。すごい」と感嘆していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年6月24日のニュース