なかやまきんに君 ボディビル大会で決勝進出、「本名」公開 ネットも応援「さすが!」「すごい!」

[ 2023年6月24日 15:50 ]

なかやまきんに君
Photo By スポニチ

 お笑い芸人でボディービルダーとしても活躍するなかやまきんに君(44)が24日、自身のツイッターを更新。東京クラス別ボディビル選手権大会のマスターズ40歳クラスで決勝に進出したと報告した。

 「1次予選(20名→12名)、2次予選(12名→6名)通過で、決勝進出です。決勝審査は、1分間のフリーポーズ。新フリーポーズ頑張ります」と報告。投稿では貼りだされた結果の画像をアップ。決勝進出者一覧の中に、本名の「中山翔二」と名前が入っているのがわかる。投稿の後に行われた決勝では、6位に入賞した。

 きんに君は17歳で部活を引退し、ジム通いを始めて「筋肉芸人」を目指そうと決意。高校卒業後、大阪の吉本総合芸能学院(NSC)に入学し、世界で活躍することを夢見て2006年には単身渡米。通称「筋肉留学」も経験した。21年5月には「東京ノービスボディビル選手権大会」のミスター75キロ超級に出場し、悲願の初優勝を果たした。

 昨年5月には米国のボディービル大会に出場し、「マッスルビーチインターナショナルクラシック メンズマスターズ40歳クラス」で優勝。「第34回日本マスターズ選手権」の男子ボディビル40歳以上級では決勝に進出し、6位入賞を果たすなど数々の大会に出場している。鍛え上げた肉体を使ったネタが人気で芸能界でも有数の身体能力を持ち、これまでも数多くのメディアに出演している。

 フォロワーからは「さすが!応援してます」「先生すごーーーい!!!」などとコメントが寄せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年6月24日のニュース