ふぉ~ゆ~ 結成10年初の冠番組 “ジャニーズ規格外”の4人に事務所異例要請「雑に扱って」

[ 2021年9月25日 07:00 ]

フォトセッションに臨むふぉ~ゆ~の越岡裕貴(前)と(左から)、福田悠太、辰巳雄大、松崎祐介(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所所属の4人組「ふぉ~ゆ~」が24日、CS・日テレプラス「ふぉ~ゆ~の王道テレビ~これにかけてるんで!」(10月8日スタート、隔週金曜後9・00)の上映会を都内で行った。

 メンバー全員の名前に「ゆう」が付く4人組であることから故ジャニー喜多川前社長から命名され、CDデビューしないままジャニーズJr.を卒業した唯一のグループ。入所から23年、結成から10年で初の冠番組を持ち、松崎祐介(34)は「ドッキリだと思った。だって僕たちCDデビューもしていないふぉ~ゆ~ですよ」と自虐的に話し、ファンを笑わせた。

 4人が企画から携わり、コントやドッキリなどに挑むバラエティー番組。「CDデビューをしない三十路ユニット」などとも形容される“ジャニーズ規格外”の4人だけに、事務所から番組側に「もっと(4人を)雑に扱ってほしい」と異例の要請も。番組で挑戦したいことを聞かれた松崎が「人間打ち上げ花火、逆バンジージャンプ。猛獣とも戦いたい」と次々とぶち上げると、リーダーの福田悠太(34)は「ローションを使いたい」と、ジャニーズタレントとしてヌルヌルな“未知の領域”にも挑む覚悟だ。

 初回の放送では寝起きドッキリに挑戦。裸で寝ていたところをドッキリされた辰巳雄大(34)は「これからも何があってもオンエアしてもらう。凄いことになりますよ。それこそ、これにかけてるんで!」と、番組の副題にちなんで抱負。初めて自家用車の購入を考えているという辰巳が「アメ車を探している。いつか番組に登場させたい」と意欲を示せば、越岡裕貴(34)は「それ、破壊しようよ」とバラエティー色全開で提案し、爆笑を誘った。ジャニーズ異色の4人組が初のレギュラー番組で本領を発揮しそうだ。

 ≪23年から“定年”満22歳≫グループでCDデビューしていないジャニーズ事務所のタレントには、俳優の道に進んだ生田斗真(36)や風間俊介(38)らがいる。最近では今年4月に室龍太(32)ら4人がジャニーズJr.を卒業し、俳優として活動している。ただ同事務所は2023年からジャニーズJr.としての活動を満22歳とする定年制を導入する。契約の継続には事務所側との合意が必要となる。今後は22歳までにデビューできなければ退所というケースが増えることが考えられる。

 ◇越岡 裕貴(こしおか・ゆうき)1986年(昭61)10月5日生まれ、大阪府出身の34歳。98年入所。愛称はこっしー。1メートル77、血液型A。

 ◇福田 悠太(ふくだ・ゆうた)1986年(昭61)11月15日生まれ、東京都出身の34歳。98年入所。愛称は福ちゃん。1メートル78、血液型B。

 ◇辰巳 雄大(たつみ・ゆうだい)1986年(昭61)11月25日生まれ、埼玉県出身の34歳。98年入所。愛称はたっちゃん。1メートル72、血液型B。

 ◇松崎 祐介(まつざき・ゆうすけ)1986年(昭61)10月20日生まれ、埼玉県出身の34歳。98年入所。愛称はザキさん。1メートル78、血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月25日のニュース