夏目三久 かつては仕事仲間…夫・有吉への思いが変化 共演する中で意識「この人かなと思ってました」

[ 2021年9月25日 11:04 ]

フリーアナウンサーの夏目三久
Photo By スポニチ

 今月いっぱいで活動を休止するフリーアナウンサーの夏目三久(37)が24日放送のTBSトーク番組「A―Studio+」(金曜後11・00)に出演。かつて仕事仲間だった夫でタレントの有吉弘行(47)への思いの変化について明かす場面があった。

 2人は、夏目にとって日本テレビ退社後初のレギュラー出演となったテレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」で出会った。当時を振り返り、「10年前、会社辞めたばかりで、お2人に助けていただいた」と、有吉と、マツコ・デラックス(48)に感謝。有吉の印象は「収録の時だけプロフェッショナルに徹して、あとはササっと帰っていくという感じ」だったという。

 3人だけでトークを進める番組だけに心境の変化があったという。「3人だけで話す番組だと、仕事に向き合う姿勢とか、互いへの思いやりを感じることができたので、そこから徐々に」意識するようになった。

 番組エンディングでは、MCの「Kis―My―Ft2」藤ケ谷太輔(34)から「ずっと前から結婚考えてました?」との質問も。夏目アナは「そうですね、うんうんうん」とうなずき、「この人かなと思ってました」と幸せそうに語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月25日のニュース