近藤春菜 「一目惚れして」25万円を投じて買ったもの まさかの品物にMC陣爆笑&仰天

[ 2021年8月1日 18:26 ]

「ハリセンボン」の近藤春菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(38)が31日深夜放送のテレビ東京「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(土曜深夜0・50)にゲスト出演。オークションで絵画を購入したことを明かした。

 今年3月、MCを務めていた日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)卒業後、「ガラっと変えようと思って引っ越したんですよ。それで、初めて絵画を飾ろうと思って。絵のオークションに参加して絵を買ったんです」と明かした。

 25万円1000円を投じて購入したという絵は名画などかと思いきや「二郎系ラーメンのめちゃくちゃリアルな絵」。予想外の答えにスタジオは爆笑。ラーメンの絵に25万を投じた近藤に、MCの博多大吉は「引く…まだ引く自信ある」と仰天した。

 「アートは詳しくないんだけど、一目ぼれして。私、趣味が食品サンプル集めなんですけど、サンプルを飾っている棚の上にどうしても置きたくて」といい、「オークションハイみたいな。絶対落としたいと思って。どんくらい刻めばいいかわからなくて25万1000円って入れたらそのまま落とせた」と話して笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年8月1日のニュース