城桧吏に“先輩”市原隼人からエール「個性大事に頑張って」、初主演映画舞台あいさつ

[ 2021年8月1日 05:30 ]

映画「都会のトム&ソーヤ」の公開記念舞台あいさつを行った(前列左から)豊嶋花、城桧吏、酒井大地、渡邉心結(後列同)玉井詩織、市原隼人、森崎ウィン
Photo By スポニチ

 俳優の城桧吏(14)が31日、都内で初主演映画「都会(まち)のトム&ソーヤ」の公開記念舞台あいさつを行った。

 類いまれなサバイバル能力を持つ中学生という役どころ。所属事務所のオーディションでグランプリを受賞した新人の酒井大地(15)とのコンビで謎解きに挑み「仲間たちと一緒に素晴らしい作品を作ることができた。2人で支え合いながら成長する姿を見てほしい」とアピール。共演した事務所先輩の市原隼人(34)は「子供たちが輝いて見えた。個性を大事にして頑張ってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月1日のニュース