05年に紅白出演 中国人歌手のaminさんが死去 平原綾香沈痛「どう言葉にしていいか分かりません」

[ 2021年8月1日 15:24 ]

歌手のaminさん
Photo By スポニチ

 05年の紅白歌合戦に出場するなど、日本でも活躍した中国人歌手のamin(アミン)さんが7月29日に病気のため死去していたことが分かった。48歳だった。

 aminさんの家族が7月31日、公式ホームページを更新。「このたびは、とても辛いお知らせをしなければなりません。歌手amin(巫 慧敏)は、3年余りの闘病の末、2021年7月29日(木)15:55 永遠の眠りにつきました」と報告した。

 さらに「故人は、最期の日まで、前向きに生きる気力を強く持ち続けました。誰にも知らせることなく、一生懸命、一生懸命、一つひとつ勉強をしながら、頑張って来ました」と続けて、aminさんが1人で闘病していたことも明かした。

 訃報を受けて、親交があった歌手の平原綾香(37)は7月31日に公式ツイッターを更新。「あまりにもショックで、どう言葉にしていいか分かりません。aminさんとは、私のデビュー当時からご縁をいただいていて、会うたびにいつも優しくしていただき、歌声やお人柄も素晴らしく、いつも尊敬していました」と追悼した。

 また、aminさんの人柄にも触れ、「今年に入ってからも、中国語の発音を教えていただき、やりとりさせていただいていました。発音を録音して送ってくださったお声が本当に美しく、何度も何度も聴きました。『あやちゃん、またぜひ、一緒に歌いましょうね!』私も、その日を心から楽しみにしていた矢先の訃報でした。aminさんと出会えて本当に本当に幸せでした。これからもずっと、aminさんが大好きです」と感謝の思いを述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月1日のニュース