張本勲氏 4位の瀬戸大也、6位の萩野公介に「言葉はきついけれど、2人ともピークは過ぎたなと」

[ 2021年8月1日 17:31 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(81)が1日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。東京五輪の競泳男子200メートル個人メドレーで、瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)が4位、萩野公介(26=ブリヂストン)が6位になったことついてコメントした。

 張本勲氏は「誰もが通る道だからね、スポーツ選手として。自分の力は自分が知っているからね。もうボツボツ大きな大会には無理だなと思っていると思うんですよ。ですから言葉はきついけれど、2人ともピークは過ぎたなと…そういう感じがしましたね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月1日のニュース