池谷幸雄 アスリートへの誹謗中傷行為に持論 加害者は「戦ったことのない人」

[ 2021年8月1日 12:41 ]

池谷幸雄
Photo By スポニチ

 体操のソウル、バルセロナ五輪メダリストでタレントの池谷幸雄(50)が1日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。女子体操の村上茉愛(24=日体ク)がSNSでの誹謗(ひぼう)中傷被害を訴えていたことについて語った。

 東京五輪体操女子個人総合決勝での試合後、アスリートへの誹謗中傷コメントの書き込みについて問われ、インスタグラムを活用している村上は「ありました。団体のを投稿した時に嫌なコメントを見てしまって残念で。見たくなくても見てしまう。勝手に入ってきてしまう。すごく残念というか、悲しかった」と涙を流しながら話していた。

 自身が経営する体操教室で村上を指導した経験がある池谷。「小さい頃からよく知ってるんですけど、すごくメンタルが強い」というが「誹謗中傷があるとショックはショック」と村上の心境を推測した。

 今大会が始まってからインターネット上では、アスリートに心無い言葉をぶつける行為が目立っている。池谷は「誹謗中傷を書く人って戦ったことのない人。本気で戦ってたら絶対そんなこと書けない」と持論。「タラレバをよく書いたりする人いるけど、それができないから試合、それができないからオリンピック」と強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月1日のニュース