杉村太蔵 SNSは「非常に治安の悪い地域」「マナーを一切守らない輩がいる」

[ 2021年8月1日 13:09 ]

元衆議院議員でタレントの杉村太蔵
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの杉村太蔵(41)が1日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。SNSの世界は「非常に治安の悪い地域」と表現した。

 サーフィンの男子で銀メダルを獲得した五十嵐カノア(23=木下グループ)、卓球混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼(32)など、SNSでの誹謗(ひぼう)中傷被害を告白する選手が相次いでいる東京五輪。女子体操の村上茉愛(24=日体ク)も被害者の1人で、体操女子個人総合決勝での試合後、アスリートへの誹謗中傷コメントの書き込みについて問われると「ありました。団体のを投稿した時に嫌なコメントを見てしまって残念で。見たくなくても見てしまう。勝手に入ってきてしまう。すごく残念というか、悲しかった」と涙を流しながら話していた。

 アスリートへの誹謗中傷行為が問題視される中、杉村は「SNSの世界っていうのは、非常に治安の悪い地域だってことを意識してもらいたい」とコメント。「マナーとかを一切守らない、そんな輩(やから)が一定数いるっていうことは認識しておく必要がある」と話した。

 また「うまく感染症を抑えられたら、10月あたりにメダリストがパレードするかもしれませんよ。そうなったらどれだけの国民が感動してたかが分かると思いますよ」とも述べていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月1日のニュース