上白石萌音、“恋つづ”佐藤健と「こんなにチュッチュするとは」 好きになっちゃったり?の質問に…

[ 2020年4月7日 11:02 ]

佐藤健、上白石萌音
Photo By スポニチ

 女優で歌手の上白石萌音(22)が6日放送のテレビ朝日「帰れマンデー見っけ隊!!」(月曜後7・00)に出演。主演を務めたTBSドラマ「恋はつづくよどこまでも」で共演した俳優・佐藤健(31)とのキスシーンを振り返った。

 同ドラマは、エリートドS医師・天堂浬(佐藤)との偶然の出会いで一目ぼれしたことにより看護師となった新米ナース・佐倉七瀬(上白石)が恋に仕事に奮闘する物語。2人のキスシーンの多さも話題となり、恋つづファンを悶(もん)絶させた。

 「こんなにチュッチュするとは思ってなかった」という上白石。この日の共演者で、ドラマの大ファンだというお笑いトリオ「3時のヒロイン」から「(佐藤の)唇のやわらかさを伝えてもらっていいですか?」と水を向けられると「硬すぎず柔らかすぎず」と表現した。

 「好きになっちゃったりしない?」にいう質問にも率直に回答。「ときめます、やっぱり。どんなに寝てなくても肌が荒れなかった。イケメンすごいですよ。どんな基礎化粧品よりも効く」と思わぬ美肌効果があったことを明かした。

 キスシーンは家族にも影響が。父親は頻繁に連絡をくれるそうだが「キスが多かった回は3日後くらいに連絡くる」と上白石。これにお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお(45)は「気持ちが分かるわ、娘がいるから」と上白石の父親に同情した。

 番組のロケ中には、一般女性から「すごい濃厚だった。よかったよ、濃厚だったけど」とキスシーンをいじられる場面も。上白石は赤面しながら「失礼しました」と平謝りしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月7日のニュース