フジ 石原さとみ主演木10ドラマ「アンサング・シンデレラ」放送開始を延期 新型コロナ感染拡大の影響で

[ 2020年4月7日 10:10 ]

石原さとみ主演のフジテレビ新ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」ポスタービジュアル(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 フジテレビは7日、コロナウイルス感染拡大の影響で、9日スタート予定の女優の石原さとみ(33)主演の新ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜後10・00)の放送開始を延期すると発表した。

 同局はこの日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、当面の間、連続ドラマの撮影中止を発表。同作も「撮影スケジュールに多大な影響が出ており、やむを得ず放送スタートを遅らせて頂くことになりました」とした。当初の9日から放送開始を遅らせる。

 同作は病院薬剤師を主人公にした医療ドラマ。局関係者によると、新型コロナウイルスの感染拡大で、当初予定していた病院に使用を断られ、別の場所を探したため、3日遅れのクランクインとなるなど、撮影への影響が心配されていた。

 新たな放送日が決定するまでは俳優の山崎賢人(25)主演の同枠のヒットドラマ「グッド・ドクター」(2018年7月期)を再放送する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月7日のニュース