吉本興業 劇場からの無料ネット配信8日から中止、緊急事態宣言受けて決定「健康と安全を考慮」

[ 2020年4月7日 22:27 ]

大阪市の「なんばグランド花月」(NGK)
Photo By スポニチ

 吉本興業は7日、政府が緊急事態宣言を発令したことを受け、全国劇場からの無料ネット生配信を8日から中止すると発表した。

 「全国劇場からの無料ネット生配信について」と題してHPを更新。「当社は3月6日より全国劇場からの無料ネット生配信を行ってまいりましたが、本日発表されました緊急事態宣言において、人との接触を削減し感染拡大を防止する対策を徹底してほしい旨の要請がなされたことから、従業員及び関係スタッフ、並びにタレントの健康と安全を考慮し、明日4月8日より中止とさせていただくことを決定いたしました」と報告した。再開などの判断については今後も検討を続け、決定次第公式HPで発表するとしている。

 同社は、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、先月2日から直営劇場の公演・イベントなどを中止。同月6日午前10時より、全国の劇場から1日約12時間にわたって、無料のネット生配信行っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月7日のニュース