ヒロミ 芸能人経営の店舗も「何カ月耐えられるか…計算ばかりして、やってます」

[ 2020年4月7日 14:34 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(55)が7日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、芸能人が経営する飲食店やスポーツジムなどの窮状について語った。

 番組では、新型コロナウイルスの影響で芸能人が経営する店舗なども経営危機に瀕していると特集。外出自粛で、お笑いタレントのドロンズ石本(46)の飲食店は、売り上げが前年比70~80%の減で「この状況が半年続けば閉店せざるを得ない」。

 かつて「新加勢大周」として騒動になった坂本一生(48)のスポーツジムは、千葉県内での無関係のジムで複数の感染者が出たため「ジム=コロナと結び付けられてしまって、体験は全然来ない」といい、売り上げが50%減だと明かした。

 やはりジムを経営するヒロミも「これはね世の中の人、みんなそうなんですよ。何カ月耐えられるか。頭の中で計算ばかりして、やってますよ」と現状を説明。

 石本らについて「お店で売り上げが無かったら、芸能もやっているんで、そっちで補填すれば続けらるって可能性もあるじゃないですか。その芸能界ですら、ほとんどイベントもなし、仕事も出来ないような状況なので、みんな大変だと思いますよ、本当に」と危機的状況を代弁した。

 また、「今回の(世界的な新型コロナウイルス感染拡大)で人生観変わったというか。仕事って何だろうとかね、いったい今まで何やってたんだろうとか、凄くいろんなことを考えて。ここからの、僕ら後半戦の人生を。ここから先まだ、いろんなウイルスとか出てくるかもしれませんし、時間があるから余計考えると思うんだよね」と本音を漏らした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月7日のニュース