ヒロミ 安倍晋三首相の緊急事態宣言準備発言に「強いのか弱いのか何かあいまい」

[ 2020年4月7日 11:59 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(55)が7日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、安倍晋三首相の前日6日夕の会見について言及。「明日にも緊急事態宣言を発出したい」と述べた内容について、「“他の国(の宣言)とは違いますよ”とか…強いのか弱いのか何かあいまい」と皮肉った。

 安倍首相には「こういう時だったら強く言ってもらってもいいような気がするのね」とも。外出自粛などには法的な強制力が無いことなどから、「じゃあ、大丈夫か、って人もいるだろうし」と指摘した。

 さらに「他の国なんか見ていると、凄く強めに言っている。それでも(感染拡大を)抑えられないんだから」と、各国のリーダーの姿勢と比べた。

 ヒロミ自身は、既に緊急事態宣言下の意識で過ごしてきたと強調。「自分の中では、だいぶ前に発令してるんだよね。あんまり人には合わないようにはしているし、仕事は終わったらもう家だし。極力1人でいるとか。なるべくそうしていた」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月7日のニュース