森三中・黒沢 コロナ感染から回復も残る違和感「鼻の奥に鼻水があるような感覚」

[ 2020年4月7日 05:30 ]

「森三中」の黒沢かずこ
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染したことを4日に発表したお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)が6日、公式ユーチューブチャンネルに音声メッセージを公開し、近況を報告した。「これからは闘っていきたい」と完治を誓った。

 黒沢は先月21日に発熱し、今月3日にPCR検査陽性と判定された。熱は下がったが、味覚や嗅覚の感じにくさが残り、現在は自宅療養中。発熱直後の様子を「熱っぽいと感じ午前中に測ったら36度2分で、その後お昼に測ったら41度2分と出た。すぐに測り直したら36度台。怖かった」と報告。味覚、嗅覚については「鼻の奥に鼻水があるような感覚」と症状を語った。

 黒沢と濃厚接触して自宅待機している相方の大島美幸(40)と村上知子(40)も動画を公開。それぞれ、健康状態に問題ないことを報告し「黒沢さんとは連絡取ってます。元気です」と話した。2人はこの日、月曜レギュラーを務める日本テレビ「ヒルナンデス!」にも自宅から電話出演した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月7日のニュース