畠山健介 同期・五郎丸歩へ嫉妬、ボヤキ止まらず「僕が走ると会場のおっちゃんが笑う」

[ 2019年11月29日 20:40 ]

ラグビー元日本代表の畠山健介
Photo By スポニチ

 ラグビー元日本代表の畠山健介(34)が29日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。同級生の五郎丸歩(33)へのライバル心をむき出しにし、番組を盛り上げた。

 畠山は、自国開催のW杯で史上初の8強入りを果たしたラグビー日本代表に触れ、「僕に似ているヤツが出ているんですよ、堀江(翔太)ってヤツが。(W杯に)出てますよねって言われるんですけど、僕は出てないんです」とボヤキ節。五郎丸とは同い年で、早大で共に汗を流した仲だ。大学時代から五郎丸の人気に嫉妬していたようで、「1年生からレギュラーで、彼がボール持つだけでワ―キャー。何もしていない、ただ走っているだけですよ。僕なんかボールを持って敵を跳ね飛ばして走ったら、会場のおっちゃんたちが笑うんですよ」と嘆いた。

 前回大会では「五郎丸ポーズ」も話題となり知名度をさらに上げた同期の存在。「みなさん五郎丸、五郎丸っていうけど、何言うてんのかなって思っていた。みんなで頑張っているじゃないですか」と話しつつ、「4年前の大会をぜひ見て欲しい、南アフリカに勝つんですよ。最後(五郎丸が)蹴るんですよ、ビックリするくらい外している」と指摘していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月29日のニュース