中村倫也 1人の女性に6回告白した過去 俳優目指した理由は「モテたいってだけ」

[ 2019年11月29日 15:48 ]

俳優の中村倫也
Photo By スポニチ

 俳優の中村倫也(32)が29日放送の日本テレビ「ZIP!」(月~金曜前5・50)に出演し、芸能界入りのきっかけが自身の失恋にあったと明かした。

 番組の企画で俳優の神木隆之介(26)と対談し、赤裸々トークを展開。神木が「一人カラオケに週2、3回行く」と語ると、中村はCHEMISTRYのファンであることを話した上で、「衝撃を受けたの、特に堂珍(嘉邦)さんの声。こんなきれいな声の人がいるのかって。初めて言うかもしれないけどメディアで。高1の時に、単純に堂珍さんみたいに歌がうまくなりたいと思って、近所のボーカルスクールに通ったの」と告白した。

 俳優を目指したのはそのころだった。「そもそも役者になろうなんて毛頭思っていなかった」というが、考えが変化したのは、当時片想いしていた女性の存在。「ずっと片想いしていて、6回告白してウンともスンともならなかった子がいた。俺が俳優になったって聞いたら何か変わるかなって。モテたいってだけで」と恥ずかしそうに笑っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月29日のニュース