48歳・檀れい セーラー服姿&アイドル姿「時効警察」で衝撃ビジュアル「この年齢になって着るとは…」

[ 2019年11月29日 08:00 ]

「時効警察はじめました」第7話で、セーラー服姿(左)とアイドル姿の衝撃ビジュアルを披露する檀れい(C)テレビ朝日
Photo By 提供写真

 女優の檀れい(48)が29日放送のテレビ朝日「時効警察はじめました」(金曜後11・15)第7話にゲストで初出演。オンエア日の11月29日が「いい服の日」とあり、セーラー服姿&アイドル姿を披露する。「セーラー服も本当に久しぶりで、この年齢になって着るとは思っていませんでしたけど、それも敢えて楽しんで着させていただきました」と臆することなく堪能し、笑顔。正統派美人の衝撃ビジュアルは大きな話題を呼びそうだ。

 俳優のオダギリジョー(43)が主演を務める伝説のコメディーミステリーが12年ぶりに復活。時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリ)が名(迷)助手・三日月しずか(麻生)と共に未解決事件の謎に挑む。

 「回想シーンも基本的には本人が演じる番組ルール(!?)」を初志貫徹。檀は「おさげ髪&メガネが垢抜けなさを助長するセーラー服姿」と「フリッフリ&ぶりっぶりのドレス&一昔前感に身を包んだアイドル時代の姿」に臆することなく大胆に扮装。「特典として(笑)、セーラー服姿とアイドル姿も見ていただけたら、うれしいです」とアピールした。

 檀が演じるのは、一発屋歌手の夫・蝙蝠ユキオ(前野健太)が殺された時効事件で、霧山から怪しまれる妻・桃瀬多恵子。「開運メガネ」なる商品を売るカリスマ女社長にして“健気に支えてきた夫に13股をかけられていた”という逸話も持つ自称・ツイてない女。

 この健気さが随所に垣間見られるのが、檀の衝撃ビジュアル&夫との出会いエピソードで幕を開ける回想シーン。檀は「カツラをかぶって、セーラー服を着て…というところから回想が始まっていますので、きっと健気に見えると思います(笑)。セーラー服も本当に久しぶりで(笑)、この年齢になって着るとは思っていませんでしたけど、それも敢えて楽しんで着させていただきました」と笑みを湛え、撮影を振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月29日のニュース