ますおか&キャイーン 秋の京都を満喫、所属事務所芸人の自慢トークも

[ 2019年11月29日 13:02 ]

 ABC特番「はんなり!?げんなり!?自慢遊記 ~出た!事務所の濃い話 ワォ!~」(後2・00、関西ローカル)が30日に放送。松竹芸能「ますだおかだ」の増田英彦(49)、岡田圭右(50)と浅井企画「キャイ~ン」の天野ひろゆき(49)、ウド鈴木(49)の2組のコンビが、お互いの事務所、所属芸人の自慢をしながら、秋の京都を満喫して爆笑トークを繰り広げる。ツアーガイド役は同局・増田紗織アナウンサー(22)。

 バスの車内で松竹芸能と浅井企画の基本情報を確認。お互いの事務所を「似ている」と盛り上がる。4人が最初に訪れたのは世界遺産の下鴨神社。パワースポット糺の森を抜けて、本殿では旅の成功を祈願。名物の「水みくじ」は、何も書かれていない白紙のおみくじをみたらし川にひたすと、文字が浮かび上がるという。そんなおみくじにウドは大はしゃぎだったが、その後、悲劇に見舞われる。

 東山にある老舗の名店でランチ。西京漬けや京のおばんざいを二段の重箱に詰めた「蕎麦御膳」と、希少な但馬玄という牛の西京焼きを食べながら、事務所のレジェンド自慢。ますだ・おかだの2人が笑福亭鶴瓶(67)に1年目で言われた名言。天野が明かした萩本欽一(78)へのNGワード、小堺一機(63)とウドの野性的なあいさつなど、師匠たちの濃い自慢話が続いた。

 南禅寺近くの料理旅館でのティータイムもお互いの事務所の先輩自慢。浅井企画はずん・飯尾(50)が大先輩の関根勤(66)の爆笑エピソードを披露。関根は「ウドは心に高倉健が住んでいる」「ウドはウッチャンに対してだけは…」と知られざる逸話を紹介。さらに天野がウドと内村光良(55)の意外な関係を明かす。一方、松竹芸能は「なすなかにし」がVTRで岡田の貪欲さを暴露。さらに増田の草野球チームに所属する海原はるか(71)は「増田監督は絶対で…」と師匠にもスパルタな増田の一面を吐露する。

 南禅寺界隈の老舗旅館に宿泊。露天風呂では増田と天野、岡田とウドのペアで入浴。「入浴中は互いの相方を自慢する」というミッションを与えられ、増田と天野は「褒めるところが多いから、いまだに一緒にいる」と言いながら、相方への思いを語り合う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月29日のニュース