草なぎ剛「全く新しい感覚」初単独ライブで20曲披露 オール私物のセットは総額2億円

[ 2019年11月29日 04:00 ]

東京・昭和女子大学人見記念講堂で、キャリア初となる単独ライブを行った草なぎ剛
Photo By スポニチ

 俳優の草なぎ剛(45)が28日、東京・昭和女子大学人見記念講堂で、キャリア初となる単独ライブを行った。前日27日と合わせて2日間で計4000人を動員した。

 この日のゲストには斉藤和義(53)、「ORIGINAL LOVE」の田島貴男(53)が登場。3人で計20曲を披露した。草なぎは当初、田島の代表曲である「接吻」を2人でコラボしたかったという。だが「やりたいといったら、事務所の偉い人から“田島さん1人に歌って欲しい”と言われてしまいました。このライブで唯一のNGでした」と明かし笑いを誘った。

 草なぎのソロパートでは、7年前から始めたギターで、自身が作詞・作曲をしたオリジナル曲を中心に歌唱。公演を終えて「これまでたくさんステージに立ってきましたが、全く新しい感覚でした」としみじみ。「これからも練習して、少しでも良い音楽が届けられるようにしたい」とさらなる飛躍を誓った。

 なお、この日のステージは、ビンテージ物のオートバイ、ジーンズ、スカジャンなどが並んだガレージ風のセット。全て草なぎの私物で、その総額は2億円にも及ぶ。「全部本物です!唯一ウソがあるとしたら僕のギターと歌かもしれない」とジョークを飛ばしつつ、「いつか本物のギターを弾けるようになりたい」と語った。稲垣吾郎(45)、香取慎吾(42)も訪れた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月29日のニュース