橋本マナミ ファンの祝福に涙「グラビアは75歳までやっていきたい」

[ 2019年11月29日 05:30 ]

TOKYO MX前でファンから祝福の花束を受け取る橋本マナミ(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 1歳年下の勤務医と結婚したタレントの橋本マナミ(35)が28日、木曜レギュラーを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」に出演した。27日に婚姻届を提出後、初めての生放送。本番前に東京・麹町の同局に駆け付けたファンから花束を渡され、拍手で祝福されると涙を浮かべ「これからも頑張ります」と頭を下げた。

 交際自体が一度も報じられることなくゴールインしただけに中高年男性を中心に“マナミロス”が発生していたが、今後も変わらず仕事を続ける予定で「グラビアは75歳までやっていきたい」と宣言。詰めかけたファンからは「一生応援します!」の声が上がり、橋本は「ありがとうございます」と感謝して目頭を押さえた。

 番組では結婚後の心境を聞かれ「30代半ばなので楽しみって感情もあまりなくて、いろいろ乗り越えていかないといけないなという気持ち」と落ち着いた人妻の横顔をのぞかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月29日のニュース