武田真治 お笑いに前向きに取り組む理由「丸腰でゼロから人に幸せを与えられるのはお笑いしかない」

[ 2019年11月29日 14:04 ]

俳優の武田真治
Photo By スポニチ

 俳優の武田真治(46)が29日、NHK「あさイチ」(月~金曜前8・00)に出演。お笑いへの思いを語った。

 男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」のステージで笑いのパフォーマンスを披露したり、お笑いコンビ「千鳥」の舞台にも出演するなど、武田はお笑いに前向きに取り組んでいる。「エンターテインメントで一番優れているのはお笑いだと思っている。丸腰でゼロから人に幸せを与えられるって、お笑いしかないんじゃないかな」と話した。

 さらに、自身が出演したフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」(1996~2018年)についても「最初はまんまと持ち上げられてた部分はある。でも三枚目というポジションに位置取ることで逆に全体をつかさどることができるのって、頭のいい人たちがやる仕事なんだろうなと、あこがれ(があった)」と言うと、「青春を彼らと過ごせたのは財産だと思います」と振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月29日のニュース