DeNA オースティンが闘志あふれるファインプレー 飛球を追って一塁カメラマン席にダイブも…

[ 2024年5月25日 16:36 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2024年5月25日    横浜 )

<D・広>6回、菊池の一邪飛を捕球しカメラマン席に飛び込んだオースティン(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・オースティンが闘志あふれるプレーを披露した。

 1点リードの6回2死二塁。菊池の一塁ファウルゾーンの飛球を追い、捕球と同時にカメラマン席にダイブ。倒れ込むように落ちた。

 それでもオースティンは執念でボールを離さずアウトに。倒れ込んだ助っ人のもとにはナインらが慌てて駆け寄り、一時は担架も用意された。

 しかし、オースティンは自らの足で立ち上がってベンチに戻ると、スタンドは大きな拍手に包まれた。だが、直後の攻撃で代打・森敬が告げられて交代となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月25日のニュース