帝京大 逆転負けで3連敗も大友、2球団スカウトの前でフェンス直撃二塁打

[ 2021年9月20日 05:30 ]

首都大学野球   帝京大2―4武蔵大 ( 2021年9月19日    等々力 )

<帝京大・武蔵大>2回、左翼フェンス直撃の先制適時二塁打を放つ大友(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 帝京大は武蔵大に逆転負けを喫し、開幕3連敗。今秋のドラフト候補に挙がる大友は「7番・捕手」で出場し、2回に左翼フェンス直撃の適時二塁打を放った。

 約3週間後のドラフト会議に向け「小さい頃からの夢。チームを引っ張ってプロに評価してもらえたらベストです」と意気込んだ。2球団のスカウトが視察し、巨人・内田強スカウトは「打撃は力強く、肩も強い」と評価した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月20日のニュース