×

巨人 今季ラスト甲子園で大城から7点 相手の前進守備応じ打球叩きつけ2点

[ 2021年9月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8―1阪神 ( 2021年9月19日    甲子園 )

<神・巨>2回1死二塁2ランを放った坂本(左)を笑顔で迎える(右から)丸、菅野(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 相手の前進守備に応じた打撃。巨人が2回、甲子園で8年ぶりの1イニング7得点を記録した鍵がそこにある。大城の強いゴロを打つ意識がつながりを生んだ。原監督は「つけ込むことができたのがビッグイニングにつながった」と振り返った。

 0―1の1死二、三塁。阪神内野陣はバックホーム態勢を敷いた。打者にとってはヒットゾーンが広がる。長打力が売りの大城が、ここで指2本分もバットを短く持った。速い打球、強いゴロを打てば外野に抜ける可能性が高まるからだ。

 大城は足元に打球を叩き付けた。「当たりは良くなかったですが、良かった」。二塁手・糸原の前でもう一度バウンド。2者生還の逆転2点打となった。

 この日大阪入りした原監督は、新横浜駅のホームで「プロの哲学」を口にしていた。「野球(自体)は小学校の時も今も変わらない」。知識を培い、技術を磨き、セオリーを学んで差が生まれる。「確率よくできるのがプロ」と、状況判断の必要性を説いた。大城がそれを体現した。

 直後に吉川の3ラン、坂本の2ランとお祭り状態。一挙7点を奪った。今季の甲子園最終戦。前回5日に6点差を追いつかれた悪夢を振り払った。

 9月は「あと一本」が出ない状況が続き、前日まで3勝8敗4分けと苦しんでいた。「非常に大きなイニングになった。これからが腕の見せどころ」と指揮官。阪神に2・5ゲーム差に迫るとともに、打線につながりが出た白星の価値は大きい。(神田 佑)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月20日のニュース