慶大・渡部遼人は「失敗しない男」 近本2世にスカウト熱視線

[ 2021年9月20日 18:12 ]

東京六大学野球春季リーグ戦第1週最終日 2回戦   慶大4―1東大 ( 2021年9月20日    神宮 )

<慶大・東大>初回無死一塁、二盗に成功する慶大・渡部遼(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 夢へ向かって神宮を駆ける。0―0の2回2死二、三塁。慶大の1番・渡部遼人外野手(4年)の打球が右中間を破った。一塁ベースを蹴ると一気に加速。滑る必要もなく三塁に達した。先制2点打を含む3安打2打点。「役割を果たし自信がついている」と言った。

 50メートル5秒9の走力を買われ今秋から1番に座る。前日に続く猛打賞でチームを開幕2連勝に導いた男が憧れるのは日米通算708盗塁のイチロー氏だ。四球で出塁した初回にリーグ通算20盗塁となる二盗。マリナーズで06~07年に45回連続で成功させた同氏のように失敗は0で、驚異の成功率を誇る。

 視察したDeNA・河原隆一編成部スカウティングディレクターは「スタート、スピード、スライディングを備えているから失敗しない。バットコントロールも良く阪神・近本選手のようだ」と絶賛した。

 昨秋は打率・194と低迷も冬の練習期間に同僚の4番・正木にアドバイスを受け、理想的なバット軌道とされるインサイドアウトの徹底に取り組んだ。

 6月に行われた全日本大学選手権では4試合で16打数9安打で打率・563をマーク。首位打者を獲得して日本一に導いた。堀井哲也監督は「大学選手権あたりから自信をつけてきた」と目を細める。

 身長1メートル70の小兵ながら大学最終年で実績を積み上げ、一気に評価も上げてプロ志望届を提出。渡部遼は「日本で一番レベルの高いところでやってみたいという気持ちがあった」と表情を引き締める。

 いよいよ夢の舞台に手が届く位置まで来た。「失敗しない男」は、もちろん一気に駆け上がる。(柳内 遼平)

 ◇渡部 遼人(わたなべ・はると)1999年(平11)9月2日生まれ、東京都出身の22歳。小2で野球を始め、調布市立第三中時代は世田谷西シニアに所属。桐光学園では甲子園出場なし。慶大では1年春からリーグ戦に出場。遠投95メートル。1メートル70、67キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月20日のニュース