レンジャーズ有原航平、40人枠から外れる GM「ロースター枠に措置が必要だった」

[ 2021年9月20日 07:56 ]

レンジャーズ・有原(AP)
Photo By AP

 レンジャーズが19日(日本時間20日)、有原航平投手(29)に「DFA(出場選手登録の前提となる40人枠から外す措置)」の手続きを行った。代わって新型コロナウイルスに感染して負傷者リスト(IL)入りしていた先発右腕フォルタネビッチが40人枠に入った。

 本拠地でのホワイトソックス戦後、クリス・ヤングGMはオンライン会見を行い、「ブルペンの層が薄くなっていた中で、フォルティー(フォルタネビッチ)の準備が整い、ロースター枠に(人数合わせの)措置が必要だった。今後、航平がウエーバーをクリアして球団に残った場合は、これまでと状況は変わらない。来春の春季キャンプで(ロースター)争いに加わる機会がある」と説明した。

 メジャー挑戦1年目の有原はここまで10試合に登板し2勝4敗、防御率6・64。5月に右肩動脈瘤(りゅう)の手術を受け、9月1日のロッキーズ戦で復帰登板を果たしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月20日のニュース