日本ハム、連勝2で止まった 警戒していた元同僚・レアードに3安打3打点許した

[ 2021年9月20日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0ーロッテ ( 2021年9月19日    札幌D )

<日・ロ>連日の投手戦に重苦しい日本ハムベンチ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 日本ハム投手陣が元同僚・レアードに3安打3打点の活躍を許し、連勝が2で止まった。

 今季これまで対戦した16試合は打率.211、0本塁打、4打点と抑え込んでいた。警戒する相手主砲を目覚めさせ、荒木投手コーチは「ミーティングで対策を立ててやっているけど、やられれば向こうの力が上ということ。かなり集中力が高い」と悔しがった。

 先発左腕・加藤も試合前までレアードを8打数1安打、打率・125に抑えていた。2回にレアードを二ゴロに打ち取るなど、4回2死まで完全投球だったが、この日は2死走者なしからが鬼門だった。中村奨に左前打を許すと、マーティンは一発を警戒して四球。そしてレアードに先制の左前打を許すと、続く山口にも連続適時打を許して2点を先制された。

 6回も2死走者なしからレアードに左越えに手痛い一発を浴びた加藤は「無駄な四球を出してしまったことで、ずるずると点を取られてしまいました。本塁打を打たれた1球にも悔いが残ります」と反省。荒木投手コーチも「つかまるパターンになってしまった」と振り返った。

 8回は宮西も2死走者なしから安打と死球でピンチを広げ、レアードに3安打目となるダメ押し打。この日の失点は全て2死走者なしからだった。栗山監督は加藤について「課題はいくつかある。それをクリアしていかないといけない」と話した。(東尾 洋樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月20日のニュース