広島・森下が光明8回2失点 次回は2連続での中5日が有力 フル回転で2桁星目指す

[ 2021年9月20日 22:36 ]

セ・リーグ   広島2-2ヤクルト ( 2021年9月20日    神宮 )

<ヤ・広(19)>力投する森下 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 広島・森下暢仁投手(24)が8回2失点の好投で復調気配を示した。

 7回まで被安打3に抑えて無失点。8回に4安打を集中されて同点となり、自己最長を更新する6戦未勝利とはなったものの、不振からの脱出を印象づける好内容だった。

 今季3度目となる中5日での先発だった。次回は自身初となる2試合連続での中5日の登板間隔で、26日のDeNA戦(横浜)に先発する見込みだ。

 佐々岡監督は「本人もどんどん行きたい気持ちがある。10(勝)という目標もある限り、投げていかないといけないと思う」と話し、6勝からの上積みに向けて背中を押す姿勢を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月20日のニュース